コミュシル 人の繋がりについて知るメディア 人の繋がりについて知るメディア
コミュニティ + チーム + 家族
コミュニティ チーム 家族 コミュニケーション
コミュニティ

Facebookよ、オラに力を分けてくれ!

Facebookが新しいミッションを発表してから、もう少しで150日経つ。以前のミッションは「もっとオープンで繋がりのある世界をつくる」だったわけだが、新ミッション「コミュニティづくりを応援し、人と人がより身近になる世界を実現する(give people the power to build community and bring the world closer together)」を掲げて大きく舵をきったことについて、曲がりなりにもささやかなコミュニティを管理している人間としては、非常に期待をふくらませている。

Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは、世界に自由に繋がっていけるツールを提供できれば世界は自然によくなっていくと考えていたが、依然として分断されている社会の現状を真摯に受け止めて、単に繋げるだけでなく、繋がりを強めるための努力が必要だと確信したという。

また社会におけるオフライン/オンラインのコミュニティの重要性を説き、Facebookユーザーの約半数に当たる10億人が何らかの有意義なグループに帰属することを目指すと語った。そして、このミッションを遂行するためには、ユーザーのなかでも特にコミュニティリーダーの協力が必要だと加えたそうだ。

https://ja.newsroom.fb.com/news/2017/06/our-first-communities-summit-and-new-tools-for-group-admins/

コミュニティの敵は「孤独」と「不信」

コミュニティやその良し悪しを定義することは非常に難しいけれども、個人的には、産まれてから死ぬまで人間につきまとう「孤独」と「不信」に対し、戦い続けているか否かのみを基準にコミュニティを判別している。コミュニティリーダーとは、たとえ裸一貫でもその敵にとことん取っ組み合える人間の事だと思っている。その土俵の円こそリーダーたちが形成できるコミュニティの大きさなのだと思う。Facebookよ、コミュニティづくりに苦戦する幕下リーダーの取り組みに際し、どうかウワテだけでも取らせてほしい。

この記事を書いた人 関口オーギョウチ 埼玉在住。サブカルやマイノリティがつくるコミュニティに関心あり。矯めつ眇めつそこに宿る魂に触れたいなと思ってます。 関口オーギョウチの記事をもっと読む>>