人の繋がりの価値を知るメディア
コミュニティ + チーム + 家族
コミュニティ チーム 家族 コミュニケーション 寄稿記事/取材依頼/お問い合わせ
一年を振り返って
時事ネタ 2017.12.10

一年を振り返って

今年もあと残すところ1ヶ月。
小さい頃はとても一年が長く感じましたが、大人になるとあっという間に時が経つように感じるようになりますよね。同じ一年間なのに、不思議ですよね。なぜなのか調べてみました。

実は、このようなことを「ジャネーの法則」と言うそうです。19世紀のフランスの心理学者、ポール・ジャネーにより提唱された心理学者の考え方です。
「人が感じる月日の流れ」や「過去を振り返った際の時の流れの速さ」に対する感覚は若い頃は遅く、歳をとるにつれて短く速く感じるようになるというものです。
また、その他の理由として経験による処理速度が上がることも1つのようです。私たちは幼少から大人になるに連れて経験が増えますよね。これによって新鮮さが欠けてきます。
既にやったことのあることや、知っていることをする時間というのは、人間は早く感じるようです。

子どもと大人の時間感覚の違いが本当にあるということを知ると、子どもに接する際にちょっと行動が変わってくると思います。
例えば、子どもに「10分だけだから待って」と話した場合、大人の感覚だと「1時間待って」と言われたのと同じ感覚なのかなと考えます。さすがに1時間待つのは辛いですよね。これからは、子どもに時間や未来の約束をする際に配慮するのも良いかもしれません。

さて、話は変わりますが、年始めに抱負をたてた方はいらっしゃいますか?
目標達成に近づいているでしょうか。まだの方は、これから一ヶ月で少しでも取り戻せたらいいですね。
抱負は立てないという方。ぜひ、来年は抱負をたててみてはいかがでしょうか?
大人の時間はあっという間に過ぎていくのです。
年をとればとるほど、速く感じるのです。「また今年も終わった」なんてただ過ぎていくのは勿体無いです。
決して大きな目標でなくてもいいのです。
『長年会えていない人に会う』とか、『夫婦二人でデートする』『子どもとキャンプに行く』など一日で達成できることでもいいのです。
一つの目標を達成したという喜びが、自分の心を幸せで満たしてくれます。またその行動がきっかけとなり、前向きな思考になります。
こうして、自分自身で幸せを引き寄せられる良い循環ができるのです。また、色々な経験から、歳をとるにつれて凝り固まりがちな思考を柔軟に保つことができるのです。
一度きりしかない人生。『今年の一番はコレ』という抱負をたてて幸せに過ごせたらいいですね。
どうぞ皆様にとって、2018年が実り多き成長の年になりますよう、心からお祈り申し上げます。

この記事を書いた人 まちださやこ 大手教育出版社出身の編集者@株式会社子育て研究所、保育士の資格をもつライター。2児の母。 まちださやこの記事をもっと読む>>
関連記事